失敗しないアパレルOEM/OEM

なぜあなたが新たにアパレルOEM・ODM会社や縫製工場をお探しなのか、
私たちはその理由を知っています。

「品質や納期に気を配り続けるのはツライ。」
「あれだけ細かく言ったのに、仕上がりがコレ!?」
「言ったとおりにしか、いや言ったとおりにもならない。」
「丸投げできる業者はないのか!」

私たちが実現する理想的なアパレルOEM・ODMのかたちは、
お客様に企画やデザインに専念していただくこと。

それ以外の生産・品質・納期に関する部分は、私たちの仕事。
すべて責任を持って管理しますので、安心してお任せください。

洋服は、人を笑顔にする力がある。
お問い合わせフォーム
HIWコーポレートサイトはこちら

企画・デザインだけに専念できる3つの理由

希望納期を実現する仕組み

優先的な生産ラインの確保

自社契約ラインである「南通HOPE」にて、優先的に生産ラインを確保しています。
南通HOPEは、工員約500名、16ラインを有する中国工場です。通常ですと、2ラインぐらいの大きなライン構成をする方が効率は良いのですが、あえて小ロットに対応できる20名程度のラインを複数構成する形にしています。大ラインで無理やり小ロットを流すとラインが乱れ、品質も落ちてしまいます。小ロットラインの構成で品質を確保すると同時に、小ロットでの適正価格も可能になります。

品質の確保は、納期の安定に繋がります。過剰生産になった場合も、上がり数量の予測が可能で、事前に情報を把握する事ができます。直前での納期遅れは、お客様の販売計画に甚大な悪影響を及ぼしますので、事前に情報を連絡することで、万が一の事態に備えていただけます。

コミュニケーション力

中国語に堪能な社員が工場と密なコミュニケーションをとり、生産を進めています。(日本人で中国の大学卒、中国人で日本の大学卒)

頻繁に工場へ出張し、技術的な打ち合わせをしています。難しいニュアンスの仕様をはじめ、現地の言葉でやり取りすることで、アパレルOEMにありがちな行き違いでのミスを格段に減らすことができます。

いつでもベストプライス

小ロット生産も適正価格で

「南通HOPE」をはじめ、予め小ロット縫製が可能な工場のみをセレクトしています。ライン構成のアドバイスをし、小ロットを効率良く出来る体制を提案することもしばしば。工場との取り組みは、最初が肝心です。最初の取引から、お互いにしっかりと理解し合った上での取り組みをしています。また、物流会社や通関業者とも小ロットを前提に契約を結んでおり、常に効率良い物流を可能にしています。

また、小ロット生産で使用可能な資材についても豊富な情報を持っていますので、販売計画にあわせてベストな資材をご提案いたします。

HIWは、小ロット生産を実現させるだけでは満足しません。
小ロットを適正価格で実現させる事が重要だと考えています。

工場との交渉術、シーズンを通したオーダー実績により、優遇工賃を引き出しています。日系でない現地仕入先とも密に連帯し、実績がありますので、競争力ある提案が可能です。

また、直接貿易が可能です。中間マージンは、一切排除。お客様へのメリットを生み出すため、最強の仕入れ先ユニットを構成します。

アパレルOEMに共通するコストの問題。私たちは全力で取り組み、企画を成功まで導くお手伝いをいたします!

仕様書以上のクオリティ

仕様を忠実に製品化、ではありません!

一般的なアパレルOEMというと、「お客様から指示していただいた仕様を忠実に製品化する」こと。これでは、工場任せになってしまうことも多くなります。

HIWのアパレルOEMは、お客様の伝えたい事を分析し、分かりやすい形にして、工場へ伝達します。このひと手間により、工場側の理解力は格段に上がり、円滑な生産が可能になります。担当が情熱を込めて工場と相談し、良い商品を作るという目標を明確に共有しているので、工場側から良いアイデアをもらう事もしばしば。お客様と工場との潤滑油となり、良い商品を作る事に全力を尽くしています。

同じ仕様書、同じ工場に出す仕事でも、発注を出す会社や担当者によって、違う雰囲気の商品になります。アパレルOEMは、人と人との繋がりが一番大事です。ここを分かっていないと、売れる商品に繋がりません。
同じ仕事にも色付けするのが、「HIW流」なのです。

お問い合わせフォーム
HIWコーポレートサイトはこちら

定番、トレンド、メンズ、レディス・・・

企画から生産まで、すべてのアイテムをお任せいただけます!

シャツブランド新規立ち上げのご依頼:お客様の抱える在庫を減らし、安定的な売上を維持!

小ロットかつ可能な限りコストを抑えるために、売れる品番のみの追加リピートをクイックで繰り返す事を提案。
小ロットでの縫製もさることながら、生地が容易に手に入るシステムが必要でした。

まずは中国にて在庫のある生地屋を紹介、メイン仕入先に。売れそうな素材に関しては別注し、年間を通して使用。
この形をメインとし、トレンド物は日本の生地メーカーの物を差し込みます。
これにより、飽きの来ない並びを実現しました。

お客様の抱える在庫が減り、安定的な売上を維持できるシステムが構築できたことについて
高い評価をいただき、私たちもひと安心です。

大手セレクトショップ様 特急オーダー:GWを挟んで1ヵ月半で納品!ご要望よりも10日間の短縮!

特急オーダーということで、GWを挟んでの1か月半という納期を実現。さらにご要望よりも10日間の短縮というのは、
私たち自身も「よくやった」と胸を張っていえる結果だと思います。価格もお客様に納得していただける形で決まりました。
納期、価格ともなかなか出来ない事を可能にしましたので、私たちにとっても思い入れの強い商品です。

一般的なOEMでいえば、プレス倉庫にてプレス検品後にクライアント様の指定倉庫へ納品、これでミッション完了です。
が、この手塩にかけた商品がお客様のショップで売れてくれないと、私たちは満足できません。
お客様の指摘だけでなく、弊社としてもたくさんの注意点を工場様に伝え、「売れる顔」になるよう情熱を注ぎました。
私たちの経験上では、今回の商品もかなり「売れる顔」に仕上がりました。
店頭上代も絶妙(お手頃価格!)だと思いますので、売れゆきには私たちも期待しています。

お問い合わせフォーム
HIWコーポレートサイトはこちら

こうやってあなたの企画を形にしていく!生産マネジメントの流れ

企画・提案
生産仕様書
生産ディレクション
生産 ~裁断~
生産 ~縫製~
検品
貿易・納品・配送

お問い合わせフォーム
HIWコーポレートサイトはこちら

HIWの他社に負けないもの、それは、洋服にかける情熱。

一般的に、OEMはお客様の仕様書に対して忠実に具現化することに重きが置かれています。
でも、それだけでいいのでしょうか。
その商品を好きになって、情熱を傾ける。それだけでまったく違う商品ができあがります。

同じ仕様書から、同じ型紙を使用し、同じ商品を同じ工場で縫製しているのに、
担当者や管理する会社によって、違う顔の商品になって上がってくる。
不思議な事ですが、本当によくあることなのです。

お客様の商品を、自分たちの商品だと思い愛情を注ぎこむこと。
その思いを商品に託し、売れるタイミングで・売れる品質に仕上げることが私たちの使命です。

そのOEM、私たちに任せて、企画やデザインに専念しませんか?

TEL:06-6536-8700
E-mail:contact@hope-inter.co.jp
お見積りご依頼フォームはこちら

お問い合わせフォーム

会社名 必須
 
部署・所属
氏名 必須
 
メールアドレス 必須
 
住所 必須
 
電話番号 必須
 
FAX番号
お問い合わせ内容・詳細

個人情報保護方針

  1. ホープインターナショナルワークス株式会社は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、お客様の大切な個人情報の保護に万全を尽くします。
  2. ホープインターナショナルワークス株式会社は、お客様の個人情報については、下記の目的の範囲内で適正に取り扱いさせていただきます。
    • お申込等のご本人の特定のために、ご担当者名をお伺いしております。
    • ご請求のあった資料をお届け、必要なご案内状、ご挨拶状をお届けするため。
    • その他当社サービスを提供するため。
    • 電話・電子メール・郵送等各種媒体によりサービスに関する販売推奨・アンケート調査及び、景品等の送付を行うため。
  3. ホープインターナショナルワークス株式会社は、お客様の個人情報を適正に取り扱うため、社内規定及び社内管理体制の整備、従業員の教育、並びに個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩防止に関する適切な措置を行い、またその見直しを継続して図ることにより、個人情報の保護に努めてまいります。
  4. ホープインターナショナルワークス株式会社は、お客様の個人情報については、上記利用目的を達成するため、業務委託先又は提携先に委託する場合がございます。
    その場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等、必要かつ適切な処置を実施いたします。
    なお、法令等に基づき、裁判所・警察機関などの公的機関から開示の要請があった場合については、当該公的機関に提供することがございます。
  5. お客様の個人情報のについて訂正・削除を希望される場合、または、弊社サービスに関する情報の受け取り停止を希望される場合の連絡先を下記に示します。希望される場合は、Eメールでご連絡ください。
    その際にはご本人であることを確認させていただきますので、ご了承ください。

【個人情報に関する連絡先】
ホープインターナショナルワークス株式会社
個人情報管理責任者 高村 三礼
大阪府大阪市西区北堀江1-19-8 四ツ橋KMビル3F
TEL:06-6536-8700 / FAX:06-6536-8575
contact@hope-inter.co.jp

会社名 ホープインターナショナルワークス株式会社(HOPE INTERNATIONAL WORKS Co.,Ltd.)
代表者 代表取締役 高村 三礼
所在地 〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-19-8 四ツ橋KMビル3F
TEL:06-6536-8700 / FAX:06-6536-8575
設立 平成22年6月2日
資本金 900万円
事業内容 ファッションビジネスコンサルタント業、OEM生産管理、営業代行、既製服の製造販売輸出入、中国縫製工場エージェント業務
主要取引先 住金物産(株)、帝人フロンティア(株)、三井物産インターファッション(株)、(株)ダイドーインターナショナル、(株)ヤギ、(株)丸紅ファッションリンク、三菱商事ファッション(株)、田村駒(株)
取引銀行 みずほ銀行(四ツ橋支店)、りそな銀行(桜川支店)、大阪市信用金庫(桜川支店)、三井住友銀行(大阪西支店)
関連会社 南通虹普制衣有限公司(Nantong Hope Garment Co.,Ltd.)(従業員 500名)