• メンズアイテム
  • レディースアイテム
  • 生産事例紹介

お問い合わせはこちら

お取引にあたって

HIWスタッフの想い

売れるものを企画し、リアルクロースに落とし込んでいく。お客様が第一に求めているものは面白い商材でも特殊な商材でもありません。消費者の方が「欲しい。」と思う商品です。

これは、企画前の情報、各ブランドの店舗の売れ筋など様々な情報を、工場・お客様と共有しないと生まれません。この売れる商品を考え、一緒に作り上げていくことが大切だと思います。もちろん商品の展開時期に良品をスケジュール通りにいれることも含まれます。

価格も、納期も、期待に応えたい。

価格もスケジュールも、お客様の希望を叶えるためのプランを策定。

上代のイメージ、ご希望に沿って、可能な組み合わせを提案させていただきます。
弊社は多数の協力工場を抱えており、それぞれに特徴があります。
1) 価格追求型の工場
2) 高品質・高級路線の工場
3) 中価格向け工場
お客様のニーズに合わせた工場を提案するとともに、重要な素材&資材の提案を組み合わせ、ベストプライスを追及いたします。

納期については、もちろんお客様様のご希望を優先し、調整いたします。
納期実現に向け、「このくらいに発注書が欲しい。」「この日までに型紙を用意してください。」「この日までにサンプルの修正コメントをください。」等のご要望を出させていただきます。とはいえ、すべて実現可能というわけにもいきませんので、早い段階で可能な限りベストな納期を提示させいただき、ご納得いただいたうえで進行させていきます。工場との連絡は、日々密接におこなっておりますので、生産状況・進捗についてはリアルタイムでの報告をさせていただきます。

時には、天候や政治的な問題で通関が遅れたり、工場側の物理的な問題(停電や人員不足)など手の打ちようが無いケースもあります。こういったケースでも投げだすことなく対応いたします。情報が入り次第のご報告しか方法が残されていなくても、私たちにできるベストな行動を常に考え、進行させていただきます。

イメージだけでもOKです。

お客様はアイデアづくりに集中してください。

1) 仕様書は作成できないので、デッサン画程度でオリジナルを作成したい。
2) 雑誌の切り抜きのイメージで商品を作成したい。
3) 参考商品や私物の服をアレンジし、オリジナルを作りたい。

お客様の作りたいイメージさえ伝えていただければ、弊社が商品として実現いたします。
重要なのは、お客様のアイデアです。きれいな仕様書を作ることがお客様の役割ではありません。優れたアイデアづくりに集中していただき、私たちがそこに色づけして具体化まで進めていきます。

お客様のイメージと、私たちからの提案をミックスさせて、サンプルを作ります。サンプルで修正箇所を確認し、量産に進みますので、安心してお任せください。

型紙作成や仕様書作成を承る場合、多少のコストが付きまといますが、極力無駄を省き、最小限のコストで提案させていただきますし、なによりもそれ以上の価値を感じていただけるのではないかと思います。

「やりたいこと」「作りたい商品」まずはこれらを教えてください!僕たちが形にします!
詳細な仕様書や指示書が作れなくて困っていませんか?
ただ作るだけのOEM生産会社じゃない。

ただ作るだけじゃなく、「どう作るか」のプロセスに価値を。

HIWは、ただのOEM生産受注会社ではありません。お客様のニーズを理解し、トラブルが起きないように手配し、ベストの提案をする。そんなコンサルティング業務がメインだと考えております。

とにかく、お客様の「やりたい事」「作りたい商品」のアイデアを当社に伝えていただければ、実現に向けて提案をご用意いたします。「これを言っても無理そうだ。」とあきらめる前に、まずご相談ください。
当然、私たちにも出来ないことはありますが、実現できるよう全力を尽くして最善のチャネルを提案させていただきます。

「初めて」のことに挑戦する皆様のアイデアを実現、サポートするのが弊社の喜びです。「HIWに頼んで無理なものは、他でも難しいだろうな。」と感じていただけるような仕事を目指し、お客様とともに最高の商品を作り上げるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

「やりたいこと」「作りたい商品」まずはこれらを教えてください!僕たちが形にします!
はじめてのOEMは私たちにお任せください!
はじめてアパレルOEMをご依頼されるクライアント様へ

はじめてアパレルOEMをご依頼される皆様へ

はじめてのアパレル生産で、「ノウハウがなく、アイデアはあるものの断念してしまった」という話を聞くたびに、「相談してくれていれば・・・!」という思いを持つことが多くあります。

1) アパレルブランドを立ち上げたいが商品をどこで作れば良いかわからない。
2) 国内縫製のみだったが、生産数量も増え、そろそろ海外縫製に移行したい。
3) 小売店をしているが、オリジナルの商品開発をしたいが物作りのノウハウが無い。
4) 海外縫製は大手企業が主なので相談しにくい。

こんな時、あきらめないで下さい。HIWに相談してからでも遅くないと思います。

上へ!
Contact us